私が堀江政経塾に入ってから起こったさまざまなこと

こんにちは、堀江政経塾・ネット党員のとにぃです!

私はこれまで、日本政府のDX事情についての記事を書いてきました。

まずは手始めに、菅政権発足以降、一気に話題となった『デジタル庁』について

そして、『デジタル庁』がどういった指針の元、動き出したのかについて

さらに、日本政府が将来的にどういう社会を目指しているのかについて

最後に、日本政府が目指す『Society 5.0(ソサエティ 5.0)』社会の実現には、官・民・企業が連携して課題解決に取り組む『共創』という考えが欠かせないことについて

最後に、日本社会のDXはマイナンバーなしでは考えられないことについて

これまでのまとめで、個人的には日本政府のDXの全体像はつかめたかなぁと思っているのですがいかがでしょうか?

そして、今回は『個人のDX』ということで、私が堀江政経塾に入ってから起こったさまざまなことをまとめてみたいと思います。

堀江政経塾は政治系オンラインサロンであり、Facebookグループを活用しています。なので、堀江政経塾での活動で生活が豊かになったとしたら「まさしくDX!」ということで、いってみましょう〜!

NHK党のボランティアがはじまり

私は2018年くらいから、NHK集金人と揉めたことをきっかけに、旧『NHKから国民を守る党(NHK党)』、現『古い政党から国民を守る党(古い党)』を応援するようになりました。

それからしばらく、立花孝志党首のYouTubeを観るだけの支持者でしたが、ずっと何かお手伝いできないかなと考えておりました。

そして、2020年8月に当時の広報室長・新藤加菜さんのTwitterでの呼びかけに答える形で、毎週金曜日に行われているNHK党の定例記者会見の文字起こしをするようになりました。

文字起こしは、ニコニコのNHK党チャンネルのブロマガで読むことができます。公式サイトにもリンクがありますので、ぜひご覧くださいませ♪

▼参考リンク
NHKから国民を守る党ブロマガ
会見録

2020年11月頭、堀江政経塾ネット党員に!メンバーを集めてみんなで文字起こし

2020年10月末より立花党首が代表をつとめる『ホリエモン新党』が運営する政治系オンラインサロン『堀江政経塾』がスタートし、早速私は月額500円のネット党員となりました。

堀江政経塾内は『文部科学省グループ』や『環境省グループ』といった分科会グループがあり、その中で部会を立ち上げメンバーを募ってプロジェクトを進行していくという仕組みになっています。

私は早速『シンクタンク省グループ』に『文字起こし部会』を立ち上げ、ほぼ私一人で行っていたNHK党記者会見と堀江政経塾の月一定例会の文字起こしをすることにしました。すぐに名乗りを上げてくださった方もおり、私を含めて7人のメンバーで進行していました。

堀江さんの「とりあえず全員立候補!」に触発されて出馬する気になる

第一回目の定例会時、外部講師の堀江貴文さんの講演にて、会場にいた全員に緊張が走った瞬間がありました。

「この中で立候補する人5人くらいしかいないならマジで帰ろうかな」

「裏方とか言ってる時点で終わってる」

「全員立候補しましょう!」

私は政治に興味があって堀江政経塾に入ったものの、自分が立候補することなんか一ミリも考えていませんでした。でも、「人生で一回くらい選挙に出てみるのも楽しいかも!」と思ったので、現在生活をしている、和歌山県橋本市議選に立候補することを意識し始めました。

▼参考リンク
【堀江政経塾】ホリエモンが塾生に仰天ノルマ「とりあえず出馬! 選挙区3つ選べ」

とりあえず橋本市のFacebookグループに参加してみたら、同じ志の人が近所にいて気づけばゲーム実況してた…

ですが、立候補するといってもあまりにも橋本市を知らなすぎる。

もう6年も住んでいるのに、平日は職場のある大阪に行ってしまうし、休日はお家でダラダラするか、出かけるといえば奈良や大阪、和歌山市内方面に行ってしまうので、ほとんど地元で行動する機会がありませんでした。

なので、まずは情報収集をしようと、橋本市の人たちが多数加入しているFacebookグループに参加してみました。

そうしたら、近所に「コロナ禍で打撃を受けた橋本を盛り上げたい!」という映像制作会社を経営されている方がおり、YouTubeを使って動画で地域の魅力を伝えたいとのことだったので、立ち上げメンバーとして参加することにしました。

当初の予定ではYouTubeチャンネルを作るという計画だったのが、数ヶ月後に再度お話を聞いたら、橋本市だけではなく、和歌山県の高野山エリア(高野町・橋本市・かつらぎ町・九度山町)の魅力を発信するローカルメディアを作ろうという結構でかい話になっていました。

そして、4月中旬から『高野回道(こうやかいどう)』という名前でスタートし、地道にコンテンツを増やしていっているところです。

高野回道の活動では、公式サイトを作ってみたり

https://koyakaido.net/

初めて動画編集に挑戦したり

はたまたゲーム実況までしちゃったり

私は今年で37歳になるんですが、まさかこんな格好でゲーム実況することになろうとは夢にも思っておりませんでした。(ちなみに全部自主的にやってます。思いついたらなんでも試してみたくなるタイプなんです^^;)

私が地域おこしに興味を持ったのは堀江さんの言葉というきっかけもありましたが、コロナ禍でリモートワークができるようになり、橋本市にいる時間が大幅に増えて愛着がわいたという根本的な理由もあります。

一緒に活動している方もコロナきっかけだったので、そういった方が日本全国にいっぱいいるんじゃないかなぁと思っています。これから地方が一気に盛り上がってくるかもです!!

それから、堀江政経塾で出会い、NHK党記者会見の文字起こしを一緒にしていた同志であるマブヤーさんとラジオをはじめてみるなど!

ここ9ヶ月くらいでいっぱいいいっぱい新しいことができて、とても楽しいです♪

自分から動くといろいろなことが起こって面白い!そういう人が堀江政経塾に向いていると思う

ここ9ヶ月くらいで起こったことは、自分一人だけだったら絶対経験しなかったことばかりでした。誰かと関係を持つといつの間にか何かやることになっていて、大変だけどスキルも身に付くし、成功すれば自信も付きます。

それまでは、仕事、子育て、家事、酒飲んで寝るといったなんとも味気ない毎日だったので、非常に健康的でありがたいことです。

こういうチャンスは待っててもやってきませんから、思いついたらさっさと何かやってみる。そうすることで新しい道が開けてきたりするなぁと、ようやくこの歳になって実感しているところです。

そして、そういう考え方ができる人が堀江政経塾向きだと思っています。

堀江政経塾は特に何かを学んだり、活動したりすることにノルマがあるわけではありません。ノルマがないので、とにかく自分で考えて行動しないとムダにお金を払うだけになります。

塾でまとまって何かをしているというより、それぞれが「どうすればもっとよい日本にできるのか?」を考え、今では次々と『党首』が誕生しています!そして、困った時は相談したり仲間を集めたり、そんなことができる政治塾です。

「もっと社会の役に立てること、何かやってみたい!」と考えている方、堀江政経塾には仲間がいっぱいいます。ぜひ、一歩踏み出してみていただけたら嬉しいです♪

入会はこちらからどうぞ↓

堀江政経塾入会ページ https://lounge.dmm.com/detail/3056/

活動に関して、政治に関してのご相談はこちらまで↓

菅政権の発足、古い党の諸派党構想、日本が一気に変わろうとしている!!

菅政権が始まってから、早速動き出した『デジタル庁』関連の法整備や、山田太郎参議院議員をはじめ自民党有志で動いていた『こども庁が、菅総理のお墨付きで設立に向かい始めるなど、新型コロナへの対応で批判も集まる一方、ものすごいスピードで変わり始めているなと実感しています。

そして、NHK党も政党名を『古い政党から国民を守る党』と改め、既得権益を守るためだけの政治家を押しのけて「少数だけど本当に困っている人たちのための政治をする!」と続々と同志が集結しています。

ですが、日本の現状はというと、子どもの精神的幸福度が主要38カ国中37位。若い世代の死因理由で自殺が1位なのはG7では日本だけです。

▼参考リンク
子どもの精神的幸福度ワースト2位!ウェルビーイングとは?【前半】
若い世代の「死因トップが自殺」はG7で日本だけ : 未成年自殺率、最悪を更新

日本はとても安全で清潔で、美味しいものに恵まれて、娯楽もいっぱいで、相当豊かな国なのに若者が絶望してしまうのは由々しき事態なのではないでしょうか。

『自分たちの力で社会をより良くできる希望を持つ』『失敗をとやかく言わずにチャレンジしやすい空気を作る』『他人を型にはめようとしない』『暗いニュースは見ない』などなど、多くの人のマインドや行動を変えて、若者を追い込まない、同調圧力で人を苦しめない社会にできたらいいなと考えています。

ということで、今回でとにぃの記事は最終回となります。

オーカタ氏の記事は続きますので、ぜひぜひこれからも堀江政経塾ブログ楽しみにしていただけたらと思います〜♪

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA